FAX番号検索沖縄職業-faxdmコンビニ

  

faxdmコンビニ
FAXDM,Yahoo,Google検索1位もfaxdmコンビニでFAXDM

FAXDM

FAX番号リスト 500万件 2017年5月1日見直し更新

faxdmのfaxdmコンビニ
site map
faxdm全国2.9円
FAXDMコンビニ34 の特長と付加価値サービス
価格体系、お見積もり FAXDM送信手順
流れ、フロー,簡単です
よくある質問,顧客開拓、売り上げ増に最適なFAXDM fax番号,fax番号検索、業種別fax番号検索、職業別fax番号検索,ターゲットを絞り込み FAX番号業種検索
全都道府県
業種別検索
FAX番号検索
宛名・原稿中、差し込み印字対応 fax送付状
原稿例
キャッチフレーズ、キャッチコピーを駆使してプロが考案したfaxdmの実例集 FAXDM,目から鱗の,キャッチフレーズ、キャチコピーの実例 faxdmコンビニ
会社概要

      ★faxdm,パチンコ、パチンコホール、エステ、リサイクルショップ、クリーニング、飲食店、葬祭業などの特定業種FAX番号

下記は例です。
全都道府県分あります。下記にないところはお問い合わせください。


      ★都道府県別全国

faxdm,新規顧客獲得業種別職業別企業別のFAX番号

      ★東京

      ★千葉

      ★神奈川

      ★埼玉

      ★愛知

      ★大阪 

      ★兵庫 

      ★京都 

      ★福岡

      ★沖縄

      ★全国 

faxdm,職業別企業別のFAX番号

下記は例です。
全都道府県分あります。下記にないところはお問い合わせください。


      ★faxdm,全国

      ★北海道

      ★福岡

      ★沖縄

      ★宮城

      ★新潟

     特定職業別FAX番号検索

     病院FAX番号検索

     エステFAX番号検索

     不動産取引業FAX番号検索

     パチンコFAX番号検索

     パチンコホールFAX番号検索

     旅館ホテルFAX番号検索

     整体業FAX番号検索

     通信販売FAX番号検索

     税理士FAX番号検索


FAX番号数検索など問い合わせフォーム無料です

あなたの必要な業種とか職種とか地域などのfax番号の検索も致します。


faxdmコンビニ
TEL 03-3362-5084


 
FAXDMデータ使用料地域別データ使用料 2円 FAX送信料 1通2.9円 合計FAXDM 1通4.9円です。番号販売も職業別は 1件4円からです。詳細はお問い合わせください。

  お客様ご要望の多い特定業種FAX番号例2017年 3月 1件10円です。(パチンコ、パチンコホール、パチンコ本社はレンタル対応です。)
沖縄
     
職業分類 faxdm,FAX件数 職業分類 faxdm,FAX件数 職業分類 faxdm,FAX件数
設計・建築 806 商店 39 医院・クリニック・診療所 229
薬局・ドラッグストア 192 学校 販売 200
運輸・運送・急送 86 神社・教会 36 保険 133
工務店 40 不動産・ハウジング 95 電器・電気 93
福祉 130 塗装・ペイント 53 印刷 95
新聞 31 税理士 73 幼稚園保育園保育所 107
歯科 82 小学校 72 酒店酒屋 12
ホテル 109 食品 65 家具雑貨インテリア 34
写真・カメラ 31 旅館民宿 35 建材 45
板金 2 石材 14 リース・レンタル 61
介護・養護 72 司法書士 53 給油・ガソリンスタンド 76
水産 22 観光 69 モータース 34
ガス・LPガス 71 美容 18 化粧 12
ガラス 33 物流 22 中学校 77
大学 17 銀行・信用金庫 28 スポーツ・フィットネスクラブ 45
整備工場 59 建具 0 ハウジング 26

FAX番号数検索など問い合わせフォーム無料です


  職業分類別FAX番号例2017年3月 1件5円です。(一部4円です。)
全国
     
職業分類 faxdm,FAX件数 職業分類 faxdm,FAX件数 職業分類 faxdm,FAX件数
設計・建築 38,565 商店 17,612 医院・クリニック・診療所 14,939
薬局・ドラッグストア 14,585 学校 10,456 販売 9,811
運輸・運送・急送 9,486 神社・教会 9,156 保険 9,395
工務店 9,021 不動産・ハウジング 8,541 電器・電気 8,694
福祉 7,997 塗装・ペイント 6,194 印刷 5,998
新聞 5,564 税理士 5,368 幼稚園保育園保育所 5,227
歯科 4,844 小学校 4,527 酒店酒屋 4,914
ホテル 4,394 食品 3,999 家具雑貨インテリア 3,793
写真・カメラ 3,527 旅館民宿 3,674 建材 3,773
板金 3,512 石材 3,472 リース・レンタル 3,497
介護・養護 3,541 司法書士 6,825 給油・ガソリンスタンド 3,190
水産 3,000 観光 2,801 モータース 2,734
ガス・LPガス 2,588 美容 2,641 化粧 2,487
ガラス 2,345 物流 2,303 中学校 2,267
大学 2,237 銀行・信用金庫 2,073 スポーツ・フィットネスクラブ 2,063
整備工場 2,041 建具 1,955 ハウジング 1,629

FAX番号数検索など問い合わせフォーム無料です


faxdmコンビニ
TEL/fax 03-3362-5084


faxdm,コンビニ 電話 03-5338-2245 FAX 03-5338-2245 担当 高橋

faxdm,コンビニへ


FAXDM、faxdm,FAX送信地域、検索、絞込み絞込みターゲット顧客例沖縄県
区市郡名
区市郡名
区市郡名
区市郡名
区市郡名
区市郡名
区市郡名
那覇
宜野湾
石垣
浦添
名護
糸満
沖縄
豊見城
うるま
宮古島
南城
国頭郡
中頭郡
島尻郡
宮古郡
八重山郡
-
-
-
-
-



名称

「おきなわ」という地名の由来は、「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」を由来とする説(伊波普猷)と、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説(東恩納寛惇)とがあるが、いずれも定説には至っていない。

沖縄という名称自体は古く、淡海三船著『唐大和上東征伝(とうだいわじょうとうせいでん)』(779成立)に、753年(天平勝宝5)遣唐使一行が阿児奈波島(沖縄島)に漂着したと記されており、本来日本では沖縄と呼称していた。のちに中国側からの呼称に従って琉球と呼ばれるようになったようである。この琉球の語源についてもまだ明らかになっていない。

琉球処分の際、明治政府内では「琉球県」の名称も検討された。これは1879年(明治12年)、琉球藩を廃して沖縄県が設置される際に俎上に上っていたものである。内務卿の伊藤博文から太政大臣の三条実美に提出した同年3月1日付の琉球処分に関する文章には「琉球藩ヲ廃シ、更ニ琉球県ヲ被置候、此旨布告候事但県庁ハ首里ニ被置候事」とあり、琉球県の名称が使われていたが採用には至らなかった。

この間の経緯は不明であるが、中国語由来の琉球に対し、沖縄は琉球語(沖縄方言)の「うちなー」由来の名称であり、こちらのほうがより日本帰属の意思が明確になるため選ばれたと考えられる。用語としての「沖縄」は元々は沖縄本島を指す言葉であったが、沖縄県設置により鹿児島県奄美群島を除く琉球諸島が沖縄と呼ばれるようになり、より広義に解釈されるようにもなった[5]。


経済・産業

水納ビーチ(水納島) 沖縄県は日本で最も有名なマリンリゾート地の一つであり、重要な観光資源となっている。

産業[編集]

2009年(平成21年)度の県内総生産は3兆7211億円である[41]。一人あたり県民所得は204万5000円(全国平均の73%)であり、高知県に次いで全都道府県中下から2番目である。また失業率は日本一高い。産業別人口の割合では、全国平均と比べて加工業を主とした第二次産業の比率が日本一低く、サービス業を主とする第三次産業の割合が東京都に次いで2番目に高いという特徴がある。

離島県であることから、生産できない生鮮食品・家電製品・自動車等、他都府県から移入する必要があるものは輸送費の分だけ本土に比べ割高となってしまう。そのため、本土の地方と比べて、特別物価が低くはなっていない。

沖縄県は元来、サトウキビ栽培が盛んで、近年は観光業が発達していて、経済の中心になっている。また、観光業以外に目立った産業のない沖縄県の経済は、米軍基地の経済(軍雇用者所得、軍用地料、米兵向け商店・飲食店など)に依存している側面があり、経済依存度は、1972年の15.5%から低下したものの、現在でも5.2%を占めている。

米軍基地には、オフィスや病院、ショッピングモールなどの施設があり、約9000人前後の県民が基地施設に勤務していて、県庁に次ぐ人気の高い就職先になっている。

農業・漁業

日本唯一の熱帯・亜熱帯性気候を生かし、マンゴー、アセロラ、パイン、ドラゴンフルーツ等のトロピカルフルーツや、サトウキビ、タバコ、ゴーヤー(ニガウリ)といった農作物が生産されている。また、マグロ、ブリやクルマエビの養殖も盛んである[42]。

工業

近年の石油需要・原油価格の高騰から植物資源を燃料に充てられるバイオエタノールが脚光を浴び、沖縄県が主な産出のサトウキビが選択肢の一つとして注目されている。

観光業

本県の主な産業として、伝統・歴史・自然を生かした観光業が挙げられる。ただし、沖縄本島のリゾートホテル付設や公営の海水浴場の多くは、ワイキキビーチと同様に人工海浜であり、観光資源ではあるが「沖縄の自然」ではない。観光客数は国内外合わせて5,690,000人(国内:5,443,800人、海外:246,200人)[43]である。訪れる外国人観光客は、台湾 (75%) 、米国 (11%) 、韓国 (4%) 、香港 (2%) 、中国 (2%) という比率になっている[44]。米国からの観光客は、米軍基地関係者が多く含まれる。

2000年(平成12年)に主要国首脳会議が行われたのをきっかけに、国際会議、コンベンションといったイベント開催地としての体勢作りを進めている。

情報

1998年(平成10年)から「沖縄県マルチメディアアイランド構想」に基づき、海底ケーブルの陸揚げ本数が多いことから IX (Internet Exchange) の語に掛けて IT Exchange 等の呼びかけを行いコールセンターやIT企業の優遇策による誘致を活発に行っている。その一方で内外から施設は立派であるが内容が伴わないとして箱物行政といった批判も多い。

優遇税制・特例

DFSギャラリア・沖縄

経済振興のため、数々の特例[45]が設定されている。 ガソリン税(本土より1リットル当たり7円引き)や、沖縄自動車道の通行料金(本土より約4割引)などが軽減されている。

沖縄県発着の航空便に関しては、航空機燃料税が50%減免されていることもあり、県外の同一距離路線に比べて5000円程度安くなっている[46]ため、結果として観光客誘致にも寄与している。

観光においては、観光戻税制度、のちの特定免税店制度が他県にはない特徴的な優遇税制である。 酒税の軽減措置がある(→泡盛、オリオンビール参照)。

2002年(平成14年)4月に施行された沖縄振興特別措置法により、IT関連企業、金融関連企業の誘致を行っている。税制上の優遇(法人税の控除、特別土地保有税の非課税、事業所税の課税標準の特例)と大地震等の災害の可能性の低さを理由に、いくつかの企業が特別地区への移動を行っている。

企業

県内では、本州等で展開している企業の地域会社が多数存在する。

電気通信事業者

電気通信事業者では、携帯電話の au のサービスを提供する地域会社として沖縄セルラー電話がある。この会社は沖縄県の経済振興を目的として設立された企業であることから、同社の過半数株式を所有する KDDI だけでなく、地元企業の沖縄電力のほか県内の財界人・有力企業も出資している。沖縄県独自のサービスも展開していることもあり、県内では他県では市場占有率が首位のNTTドコモを抑えている(2005年(平成17年)現在の市場占有率は49%)。なお、同社は政治的な配慮によりドミナント規制対象外だったが、のちに au 本体 (KDDI) が対象となっている。

また、アステルグループのPHSサービスを提供していた沖縄電力グループの旧アステル沖縄を引継ぎ、2005年(平成17年)1月25日に事業を開始したウィルコム沖縄(本州などでPHSサービスを提供するウィルコム(旧DDIポケット)の子会社)がある。

酒類

ビールメーカーとして県内で大きな市場占有率を持つオリオンビールが存在する。なお、同社は県内における酒税減免措置にのった県内市場の高い占有率を成しているが、日本全体で見た場合の市場占有率は1%程度であるため独占禁止法に抵触しないとされる。

新聞

新聞は輸送事情の関係から、本土の全国紙は現地印刷が開始された日本経済新聞を除き、当日の朝に配送することが不可能なため(本土における夕刊配達の時間帯に朝刊が配達される状態)、地方紙である沖縄タイムスおよび琉球新報が購読率の大半を占めている。

金融

金融機関は、店舗数では県内の地方銀行のほか郵便局(ゆうちょ銀行)やJAバンク(JAおきなわ)が圧倒的である。都市銀行についてはみずほ銀行那覇支店が店舗として唯一存在するほか、三菱東京UFJ銀行が那覇市に法人営業所を設置しているのみである。

沖縄県に本社を置く主要企業

製造業

南西石油(西原町) りゅうせき(浦添市) 沖縄コカ・コーラボトリング(浦添市) オリオンビール(浦添市) ヘリオス酒造(名護市) 琉球セメント(浦添市) コーラルバイオテック(那覇市) フォーモスト・ブルーシール(浦添市) おっぱ乳業(今帰仁村) 沖縄製粉(那覇市) 沖縄ハム(読谷村) 沖縄ホーメル(中城村)

小売業

サンエー(宜野湾市) 金秀商事(西原町) イオン琉球(旧・琉球ジャスコ)(南風原町) リウボウインダストリー(那覇市) 沖縄ファミリーマート(那覇市) ローソン沖縄(浦添市)

電力

沖縄電力(浦添市)

情報通信業

ウィルコム沖縄(那覇市) CSKコミュニケーションズ(那覇市) 沖縄セルラー電話(那覇市) プロトデータセンター(宜野湾市) マスコミ 琉球新報(那覇市) 沖縄タイムス(那覇市) 琉球放送(那覇市) 沖縄テレビ放送(那覇市) 琉球朝日放送(那覇市) ラジオ沖縄(那覇市) エフエム沖縄(浦添市)

金融業

琉球銀行(那覇市) 沖縄銀行(那覇市) 沖縄海邦銀行(那覇市) コザ信用金庫(沖縄市) おきなわ証券(那覇市) OCS(那覇市)

運輸

日本トランスオーシャン航空(那覇市) 琉球エアコミューター(那覇市) 沖縄岡崎運輸(那覇市) 沖縄交通(那覇市)

建設

國場組(那覇市)

観光

かりゆし(那覇市) ザ・テラスホテルズ(名護市) 沖縄ツーリスト(那覇市)

沖縄県に拠点事業所を置く主要企業 工場

日本鉄工(糸満市)